上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.29 喜びの再会
あ”~~良かった。

昨日、グループホームに入所したばーちゃんの面会に初めて行って来た。
なんだか不安だったので義姉と一緒にね
(だって・・・様子が一変していたらショックでしょう)

実は、春頃から認知症が進行し、トイレの失敗や徘徊行動で何度も警察のお世話になり
着替えも全て介助が必要になってきて、一人での生活は無理になった義母。
その行動に困り果ててた時、やっとグループホームの入所枠が空き
家族で相談した末、5月入所と相成ったのだ。入所した当初、義母は自宅に帰りたい
思いから気持ちも荒れ、ヘルパーさん達に暴言を吐いたり、窓を叩いて大声を
出したりしていたらしい。しかし、心配なものの家族が面会に行くのは禁止。
里心がつくからと、ホームから許可があるまでは様子見に行けなかった。
(必要な物を届ける時もそっと施設の方にお渡しし、義母の顔は見ずに)

そんな経緯もあったので、約2か月ぶりの再会にドキドキ。
義姉と「ちゃんと私らの事覚えててくれてるかな~」と不安になりながら
ホームのチャイムを押し、2階へ上がる。と、そこには満面の笑みをたたえた義母が居た!

嬉しくって、泣いてる。

義姉も泣いてる。

良かった!  お義母さんの笑顔が見れたよ!!

少し痩せた感じはあるものの、肌の血色もいいし、艶もある。
話しを聞くと、ホームでの生活に慣れたのか「ここの方が寂しくないからいい」と。

良かったぁ~~~~。その言葉を聞けて、ほんとに安心した!
心からホームに入所して良かったなぁと。
そして、家族の事はもちろん、福の事までちゃ~んと覚えててくれたのが、なにより嬉しい。

部屋で話ししてる間、時々どこかへ飛んじゃう義母だけど
人間性までは無くなっていないのだ。ヘルパーさんがそっと見守っていてくれるだけで
穏やかな日々が過ごせる。清潔を保っていられるのも、のんびり日々を過ごせるのも
施設の方々のお世話あってこそである。さすが介護のプロ。
家族じゃ感情が入ってスムーズには行かないもの。

グループホームの費用はばかにならず、年金だけでは全く足りないんだが
義母の落ち着いた様子を見てると、これからも介護費用の捻出の為に
頑張って働かなきゃな~と思う。

ね!とーちゃん!。夫婦揃って頑張るよっ!!


ところで、驚いた事がひとつ。
グループホームに、先日散歩でお会いしたコギ飼いの奥さんがヘルパーとして
働いてらした。お互い驚いて「あーー!あの時の!」って(笑)
知ってる方がお世話してくださると、安心感も倍増だわ。
お世話かけますが、これからも、よろしくお願いします。


と、義母の様子は、取り合えず安心できたのでなによりだが・・・・
実の両親が近頃荒れ模様。こちらも認知度が落ちてきたのか?
昔から夫婦仲の悪い両親、部屋が隣りあってるだけでイライラして夫婦喧嘩。
クーラーの温度設定でもめにもめ、優しかった話し様の母が暴言を吐くようになったと。
そして、親父はというと、認知症が進行するにつれ「色ボケ」してきて
デイサービスの利用者の方にもセクハラじみた事をし、迷惑をかけているようである。
(自分の親ながら情けないことよ)
こちらもそろそろ施設に入所しなきゃいけない時期が来たんだろうか(汗)
お盆帰省の時に、じっくり話し合わなきゃいけないなー。ムムムム・・・・・(汗)

(母は暴言がひどいので2週間ほどショートステイに入所中)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/986-283c990a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。