上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.14 たらいま
プチ介護を終えて帰ってきたものの、暫く抜け殻状態で・・・
やっと今日復活すますた。
「子供の世話にゃならん!」的なとーちゃんの監視は
思った以上に疲れます。いや、見てなきゃ危ないですから
ホントに(--+)
そんな思いを抱きながら、夕方涼しくなるととーちゃんと
散歩しました。25mくらい歩くと膝が痛くなるので
車椅子を押しながら歩き、疲れたら私が車椅子を押して歩きます。
とーちゃんは「あっち行ってくれ」と命令口調、て、坂道
なんですけどーーーっ!!!(くそっ!このわがまま親父め)
と思いながら山道へ・・・・すると、とーさんはとたんに
生き生きし始めて「これは猪が歩いた跡じゃ」
「この川の中を歩いて猪が降りてくるんじゃ」とまぁ
楽しそうにしとりました。やっぱり野生児とーちゃん、
こーなっちゃっても血が騒ぐんでしょうね。
今回の帰省でロープをちょん切る役目を果たしたわけですが
それは私にとっても辛い役どころとなりました。
とーちゃんの一番の楽しみ「狩猟」を断ち切るのは
娘の私にとっても残念でなりません。しかし、こればかりは
続けさせるわけにはいかない、事故が起こってからでは遅いのです。

とーちゃんの落胆を心配していた。
自暴自棄になって生きる希望を無くしてしまったら・・・・
最悪の事ばかり想像しては不安で胸が張り裂けそうだった・・・

納得できないとーちゃんを叱り、声を荒げて怒鳴ったり
その度に後から後悔するんだ。解ってくれないとーちゃんに
イライラしながら、夜ベッドに入ると必ず
「一番悲しいのはとーちゃんなのに、また怒ってしまった」て
反省しては涙が出たよ。

けど、こんなに悲しく、諦めなきゃいけない事ばかりの中で、
とーさんはとーさんなりに必死でロープを繋いだんだよ
ゆる~いチョウチョ結び。ちょっと誰かが引っ張ればあっけなく
解けてしまうほどだけども。
わずかな希望だけを抱いてリハビリに励むとーちゃん
あなたは素晴らしいガッツの持ち主だね。

まったく、自暴自棄になってたのは
私自身だったのかもしれないなぁ・・・・

一方、かーさんはベットに寝たままでぼんやりと一日を過ごして
いる。テレビを見て、寝て、ご飯食べて、排泄しての
繰り返しだけ。車椅子に移乗できたら車で外出させてあげれるのに、
足を踏ん張れるまで回復してくれたらいいのに・・・・
リハビリ頑張らないんだもん、全然やる気なしだよ(泣
けど、おやつをあげると無邪気に笑うかーさん
はホントに可愛い。Tシャツを3枚買ってあげたらとても
喜んでくれて、私がいる間毎日着て見せてくれた。こんな事・・・
たったこれだけの事で嬉しそうに笑うかーさん。
子供に気お使ってるのかご飯の文句も何一つ言わないかーさん。
優しいね。やっぱり、どんなになっちゃっても私の
母親である事に変りは無いんだね。ありがとう。

かーさんの笑顔を見ると私も幸せ感じるよ。長生きしてね。
また一緒に笑おうね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/92-f4a744d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。