上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、今年初のスイカを食べたら、去年の辛かった闘病生活を思い出して号泣した。

忘れもしない7月22日、部分日蝕の日、アルは大量の鼻血とともにぐったり。
食欲も無く、立ち上がる事さえも出来なくなった。その夜、心配したななんずが持ってきてくれたのが
スイカ。けれど、大好きなスイカさえ口にできず、とうとうアルとの別れが近づいたのかと覚悟を決めていた。
IMGP8702.jpg

その夜は、もうアルに触れられるのは最後かもしれないと、家族写真やら、大きな肉球の写真を撮ったりして
眠れない夜を過ごした。
IMGP8709.jpg
IMGP8719.jpg

しかし、最後かもしれないと思ったのは、実は家族だけで、その後アルはステロイド効果で
見事に復活してくれたんだ。

7月23日夜、どんどん顔面が腫れあがりカピパラさんのようになったアル
この日も眠れぬ夜だったのだが、少しの仮眠中、「アルが立ってる!」というとーちゃんの絶叫と共に
目覚めると、そこには顔の腫れも引きニコニコ顔のアルが早朝に笑っていたんだ。
IMGP8734.jpg

この時、奇跡を見たような気がした。

みんなの応援を背に頑張ったアル。強く強く想えば願いは叶うのだと 初めて感じた。

スイカ スイカ スイカ

スイカを食べるとこの日を思い出す。





この後、みるみる復活していったアルは食欲全開。夏の海水浴までもお付き合いしてくれて
家族に忘れられないプレゼントを沢山残して逝ったんだ。

ありがとう、アル。ずっとずっと大好きだよ。

あたしの最高の犬。 たまには夢に出てきてね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/894-d6241638
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。