上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.25 四十九日忌
今日はアルの四十九日忌。
高いところへ登る日だ。そう思うと寂しくて、昨日は「ずっとここに居り」と言うてたんやが
天国へも行かんとこの世でうろうろさせるのも申し訳ない。友達が言うに、
あの世とこの世の世界というのは常に隣り合わせで、天国へ登るといつでも何処でもすぐに
こっちの世界へ飛んで来れると聞いたので安心してアルを送り出せる決心がついたのだ。

宝塚動物霊園で四十九日法要のお経を聞いていると、またも喪失感に襲われたが
目を閉じて、お坊さんの声を聞くと、ふと、アルが
静かで 穏やかで 遠くに山を抱いた川原で寝そべっている姿が頭の中に見えた。
それは、あたしが想像する天国って場所なのかもしれないが
とてもココロが落ち着く場所。


そんな場所に アルは行ったんだね。

争い事や憎しみ妬みや嫉妬、全ての煩悩が無い世界へ。

かーちゃんは、それがちょっと羨ましくてそちらの世界へ行ってみたい気がするよ。
けど、お呼びが来るまでは頑張らないとアカンのやろなぁ。
アルに会うのは、その時が来るまで楽しみに待っておくよ。

アルは、これからいつでも飛んで来る事が出来るんやね?
きっと食いしん坊のアルのことやから、美味しそうな匂いにばっかり釣られて
あっちこっちに行くんやろなぁ・・・。けどな、朝ごはんと夕ご飯の時は
ここへ下りてこなアカンで。

かーちゃんも負けずに美味しい食べ物用意しとくんやから。

IMGP8909_512.jpg

ほんでな、いつまで経っても甘えん坊でお子ちゃまの福をちょっと鍛えたってくれ。
福は相変わらず基本怖がりで、車に乗ったら緊張してワンワン吠えるし、
夕暮れ散歩になると挙動不審になるねん。どうも巨大な姉ちゃんが隣に居らんと
心細いみたいやわ。そんな時はそっと傍に下りて来て安心させたってや。

姿が見えんくなって寂しいけど
アルが天国という穏やかで優しい世界に居るならかーちゃんは安心だよ。
ゆっくり、のんびり、楽しい時間を生きて、また会いたくなったいつでも帰っておいで。
ずっとずっとアルはうちの家族やから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/815-f6a08d31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。