上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.02 CT検査結果
今日はアルの鼻の再検査の為、家族揃って三重県の病院まで行ってきた。
この病院は高度動物医療を行える数少ない病院で、放射線治療を行うとしたら
関西ではここしかない。
090202_0956~0001 090202_1036~0001
朝は朝食抜きのアルにお付き合いし、みんな飯抜きで8:30出発。
道中は全く渋滞もなく、トイレ休憩をはさんでも2時間ほどで到着した。
予約は11時30だったけど、早めに受付してくれたので、先生に検査内容の説明を
受け、今までの症状を説明して、検査が終わるまで約4時間ほどアルを預ける。
アルは初めての病院なのでかなり不安だったのだろう、診察室の中からずっと
吠え声が聞こえていた。それに合せて福もワンワン!!彼もまたアル姉ちゃんが
心配で仕方なかったのだ。

検査結果が出るまで気分は重く、どこかで時間を潰す気にもならなかったけど
じっと待っていても余計に気が滅入るので、上野城公園まで行ってみたが
その公園は有料。テンションも低いとーちゃん&かーちゃんだったので
「もうえぇわ」と病院近くの上野運動公園で福を散歩させた。
090202_1329~0001 090202_1323~0002
どんより空気だったけど、福が楽しく遊んでる姿を見てると自然に笑いが出てきたよ。
福、ありがとね。とーちゃんもかーちゃんも少し元気が出た。

遊んだ後、車で寝ていると連絡があったのですぐに病院へ。

検査結果は、かいつまんで言えばグレー、だ。
病変した位置は右鼻の一番奥の奥、鼻先から10センチほどの場所にごく小さい
何かしらの塊があり、悪性腫瘍だとしたら初期だと。(CT画像から見てもこれは鼻汁などでは無いそう)
そして、本来ならばその塊にストロー状のものを挿して組織採取し、悪性か良性か判断する為
病理検査に進むのだが、アルの場合は出来てるブツが奥にあるため
その組織が採取できなかったのだ!

前に、進めない・・・・・

この部分の組織を採取する為には、額部分の骨に穴を開けて取るか、
または奥歯を抜きそこから穴を開けて採取するしか無いのだけど、検査の為だけに
そんな手術をするもの気がひけるってもんで・・・アルの場合、治療方法を特定するまでが
困難なのだと先生から言われた。暫く様子を見て再度CT検査をしても、腫瘍が奥へ広がる
ようだとまたもや組織採取は難しく、ほんと厄介な場所にそのブツは、ある。

そして、放射線治療のリスクも先生からお聞きした。
治療は体にかなりの負担がかかるそうで、根治治療ならば1ヶ月入院してほぼ毎日のように
麻酔をかけ放射線をあてる。当然ご飯も夜だけ。治療が終わる頃にはフラフラ状態、
口の中がただれたり、毛が抜けたり、正常な細胞も破壊してしまうので
様々な副作用が現れるそうだ。しかし、そこまでしても、1年寿命が延びれば良い方だと。
(ちなみに、根治治療する場合、費用は60万円かかる)
逆に、何もしなければ、余命2ヶ月くらい。

なんとも・・・・・・
色々と病気の話しを教えてくれたのだけど、アルはいったいどうなの??!!
不安はぬぐえず、答えも出ず。一応1ヶ月後、28日に再検査の予約をしたけども
ホームドクターの意見を聞きつつ、どうするかは決めようと思う。
良性のブツならば抗生剤で小さくなるんだもん。
そうだと期待してやり過ごすしかないよ。

そして、もう一つ。驚いたのは胃袋だ!
なんとまぁ!10個以上の石ころが入っている!!!
数年前にも同じ事で手術をしたのに、アルはまた飼い主の目を盗んでは石を食っていたんだ。
先生も驚いて「よくまぁ、これで嘔吐もしませんでしたねぇ」と・・・・。
それは、あたしも同じだ。
もぉおおおおおお~~~~!アルのあほーーーーーっ!!!!
こんだけ貯めたら、もう手術せんわけにはイカンわな。
鼻のブツも気になるがこっちも気になるし。

即切腹決定。

そうして、気になる事だらけの検査結果を抱え帰路に。
途中寄った針PAでは飯抜きのアル福にご苦労さんの気持ちを込めて
牛飯おにぎりと松坂牛コロッケを食べさせてあげた。
090202_1541~0001 090202_1551~0001
めっちゃ喜ぶアル福を見てると、あるかもしれない苦しい治療とかは、
どうでもよいような気持ちになる。一日一日、美味しく楽しい時間があれば
アルはきっと幸せなはずだ。

帰りの道中も、渋滞無し。
家に着く前に、かかりつけの病院へ検査結果の報告をしてきた。
三重の病院の先生からも電話があり、おおよその内容は聞いてらした先生は
胃袋の石ころに、またもや苦笑いであった(そりゃそうだ!)
鼻のブツの今後の方針について意見をいただきつつ、切腹手術の日にちを7日に決定し、
またもや「石ころ」という、嬉しくないプレゼントを受け取る事になる。

そうして長いなが~い一日は終わった。

アル、お疲れ様でした。今夜はゆっくりお休み。
福、心配かけてごめんね。そして元気をくれてありがとう。

*お祈りのメールやコメントをくれた沢山の方々、ほんとうにありがとうございました♪
メッセージを見るたび、不安な気持ちは取り除かれ、希望と勇気が湧いてきました。
私に大きな力を与えてくれてありがとう。今回の検査結果ははっきりしませんでしたが、
また思い出した時にでもアルの健康を祈っててくださいね。
長い文章になったけど、最後まで読んでくれてありがとう~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/731-6fe15cc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。