上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.17 寝覚めに号泣
10月は、横浜旅行だのキャンプだのと楽しい行事も沢山あったんだけど・・・・
その楽しい出来事もチャラになるほど、現実はややこしい事柄も多い。

ジジの介護認定が下りてから、ケアプランの打ち合わせや、デイサービスの契約等々
電話もジャンジャンかかってくる。そうして実家に様子見に行き、頼りにならんババの
代わりに必要な書類を捜し~の、デイのお風呂の用意や買い物と、やらなアカン事が
ちまちまとある。

昨日はケアマネさんから電話があり、
またもやジジの下着が無いから用意してくれときた。下着のシャツは先月義姉が買って
くれて沢山あったはずなのに、ババが勝手にどこかにしまい込んだか、捨てたかなんだろう。
その他にも、介護用に使うビニールの手袋が無いだのなんだのと、
ババが勝手にしまい込んで(または捨てる)は、いちいち我が家に苦情が入るのだ。

ババに何度か言い聞かせると、その時は「あ~、わかったわかった、用意しとくわ~」と
わかってくれるのだけど、時間が経つと忘れてしまうのか@謎
それとも、ヘルパーさんがよう見つけられんだけなのか、それも@謎。なのだ。

そして、極めつけがコレ。
ケアマネさん情報によると、ババはどうやらご近所様にお金を借りていたらしく
ヘルパーさんが来てる時に、お金の取立てに来たそうなのだ!(怒)
それに、税金も2年ほど払ってないし、先月はお金が無いと何度も無心されるし、
我が家は親の事でお金がどんどん無くなっていくような。。。。

そんなこんなで、とーちゃんはイライラし~の喧嘩し~ので頑張っている。

私の実親もたいそう借金があったので、その情けなさや腹立たしさはよくわかるわ。
介護はお金がかかるとわかっちゃいるけど、出来るだけジジババの年金でまかなって
もらわないと、我が家も共倒れしそうな気がしてとっても不安よ。

不安だ、不安だ、どうなっちゃうんだー!

そう思いつつベッドに入ると、死んだ母方のばぁちゃんの夢を見た。
ばぁちゃん自身は出てこないんだけど、お葬式の夢で、ご先祖様が身近に感じられるような
内容だった。なんかほっこり。

そしたら、今日の早朝広島の親父から電話が♪
兄貴からジジの事を聞いたらしく、心配して電話をかけてくれたのだ。
脳みそ半分の親父が、脳みそ4/1のジジを心配してくれてるとは、なんと暖かい人間なんだろう。
そして、私に対しても、
「人生しんどい事ばっかりじゃないけぇ、頑張っとったら絶対えぇ事があるんじゃ」と励ましてくれたのだ。
私は寝起きだったのだけど、とっても嬉しくなって不覚にも涙が出てしまった。
優しい父親に触れることが出来たのももちろん嬉しかったのだが
いつも電話番号を押し間違えてばかりの親父が、
嬉しそうに「今日はちゃんと間違えずに電話出来た」と笑ったのがなにより嬉しかったのだ。

*なんとも不思議なタイミングは、死んだばぁちゃんの計らいかもしれへんなぁ。
ばぁちゃん、ありがとう。

そして、親父にもありがとう。また、早く会いたくなってきたよ。



 ←みんなのお陰で頑張れる!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/652-47f017a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。