上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の夕方散歩は、ベジ君と一緒にいつものグラウンドへ。
少し遅めだった為、グラウンドは貸切状態だった。公園では、超ロングまつげの
フリーダちゃん(シュナの女の子)にも久しぶりに会えて、平和に遊んだ。

その帰り道、ミニチュアダックスの男子ぃが前方で固まってた。
時々散歩で出会うワンコさんなのだが、怖がりだけど可愛い子である。
ダックス君は、暗がりから自分よりも大きなワンズが3匹も歩いて
きたものだからだいぶ怖かったのだろう、尻尾もピンと立ち、全身に緊張感を
漂わせていたのだが

知ってる子だからと挨拶に近寄ったとたん、アル姐がガウった。
ついでに舎弟のベジ君も刺激されて、ガウっと・・・・・
(普段は誰とでも上手に挨拶できるベジ君なのに、盃を酌み交わした姐さんには
右へならえとなるようである)

ガウった理由は、アル的に
「まずは挨拶から」ってとこだろうか。びびり過ぎて挨拶を忘れたダックス君が
お気に召さなかったようだ。
080821_1725~0001

「おい!何びびっとんねん!出合った時には挨拶するんが基本やろが!基本!」
そんな声が聞こえたような気がする。

う~~~ん、厳しい。人間社会では、そういう口うるさい近所のおばさんは
激減したようだが、ここいらの犬社会ではアルがその役目を一手に引き受けてる
ような感じだよ。その勇気、私にも少し分けてもらいたい、時もある。

ゴメンね、ダックス君。うるさいおばちゃんで。

すっかり白髪も増えて、のろのろ歩きのアルだけど、礼儀作法に関しては
まだまだ健在のようであります。
080821_1722~0001
↑子犬時代より厳しい礼儀作法を叩き込まれた福男は
お陰さんで上手に挨拶できる犬になりました。はい。


 ←この際アル姐塾でも開くか?入塾希望の方はポチっとな
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/633-dad552fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。