上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.17 ただいま
6月4,5の楽しかったオフ会。えぇ、そりゃもう
天国のような二日間でしたわ。沢山のワンの笑顔を見ては
「かわいいぃいいいい」とジタバタし、美味しいご飯を
食べては「まいう~~!」と歓喜の声をあげ、
夜の宴会では「ゲッペイ」のツボにはまり笑い転げ、
また「うまか棒」ネタでもツボにはまった私。
始めてお目にかかった人もいたけれど、それはわんこ飼いって
事ですぐに気軽にお話しできた。(それっていいなぁ~♪)
また、ネットだけでお話し
してた方々とも実際にお会いできて生のワンと触れ合えたことは
とても貴重な出来事だったように思います。

関東関西と広域にまたがるオフ会ですもの、そう
何度も実現できることじゃないものね。今回参加できて
沢山の出会いがあったのがなにより嬉しいのであります~~♪
次はいつやろ?いつになったら会えるんだろ?と
期待に無い胸が膨らむほど会いたい想いが募るねぇ。。。。
で、楽しい2日間は、あっ!!!と言う間に過ぎ去り


オフ会から帰った翌日
両親の介護の為に実家に帰ってきた。6日~15日まで約
10日間の介護生活は正直めっちゃ疲れた・・・・
自立する気ゼロの母親をお世話しては途方にくれ、
一方無鉄砲な父親を見てはハラハラしていた。

このままの状態で続けばどうなるかは目に見えているんだ。
それを心配しては両親にあれこれと苦言するんだが
その声は届いているのか・・・・それさえも怪しい。
理解しているのか、それともすぐに忘れてしまうのか、
ただ頑ななまでの頑固な老人になったのか、それが私には
解らない。だから混乱するんだ。イライラするんだ。

ただぼんやりと空を見つめる母は何処で生きているんだろう、
現実と空想の中を行ったり来たりしているように見える。

私か自宅に帰る前の日、14日に退院した父。
一時はどうなる事かと心配したが、リハビリを頑張ったお陰で
体の機能はかなり改善されて杖を片手にぎこちなくではあるが
割としっかり歩けるようになっている。良かった!
親父の頑張りに拍手である。それでも、以前よりは弱気になってる
父は「退院した日くらい美味いもんが食べたいのぉ」
「さしみが食べたいけぇ、ちょっとだけ買うてきてくれぇ」と
涙声で私に言ったんだ。
私はなんだか、そんな遠慮がちになった父が悲しくて心の中で
泣いていた。

しかし、母と違って父親はリハビリやる気満々。
退院した早々、母のベットの傍らに座ってリハビリの指導を
していた(苦笑)
ーーーー母さん迷惑そうな顔してるんですけどーーーー

そうそう、父さんその調子で、母さんのやる気を奮い立たせて
おくれよ。そしたら全ていい方向に向くんだよ。
ゆっくり焦らずにね。次に帰った時、一つ元気になってますように。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/60-03e66235
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。