上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
要介護認定見直しにて、親父の介護度は2から1に変更になった。
ある程度動けるのがあだになったのか、家事など何にも
出来ないのに『1』。再度認定をお願いしたものの、やっぱり『1』。
まったく、今のケアマネはあてにならん。もっと押し切ってくれれば
いいものの、力のない奴だ。

今でもいっぱいいっぱいで介護保険を使って、やっと生活できてたのに
これ以上削られてしまうのは辛い。それにより、親父が機嫌よく使って
いた電動車椅子のレンタルは中止せざるを得なくなってしまった。
けれど、外出できなくなるとまた暴れるので、中古を買い取る事に。
(また○○万円の支出ね~)
その他にも、買い物の時間を削るなど、細かい部分での締め付け多数。

近くに住んでるならば、保険枠の足りない部分は家族で補えるが
そうもいかない我が家の事情と言うのを、介護認定する奴は
ちっともわかっちゃあいないのが腹が立つ。

本来は、子が親の面倒を見る義務があるのだが・・・・
こちらに呼び寄せようとも、両親は頑として今の家から動かないし
私が実家に帰るわけにもいかない。家庭があるわけだし。

そして、家族が同居をしていると、生活補助は全くしてもらえない
今の介護保険制度ってどこか変だ。仕事と介護の両立はかなりの負担
になるし、介護者が疲れ果てるのは当然。昔のように家族が多ければ
分担できるが、核家族化してる現在はそれも難しいのが現状だろう。
まして、単身者だと実際、介護と仕事の両立などは無理、絶対無理!
それほど、介護というのは大変な仕事なのだ。

数年前、京都で、母親を殺した男が居た。
介護の為に、仕事も出来ず、生活保護を申請しても冷たく断られた
あげく、お先真っ暗になり無理心中を図ろうとした事件だった。
殺人を犯した息子は情状酌量処分になったが、なんと切ない事件なんだろう。
それくらい困った人間も救えない日本社会って何なんだ?!
こつこつ働いて、税金払って、そんな堅実な人間が暗闇に葬りさられるなんて、
どこか間違っている。

国民から集めた金を勝手に使い、全国にあっても無くてもどっちでも
いいような施設を作る金があれば、きっとあの親子は救えただろうに。

世の中には、働けるのに働かない人間も居る。不正に生保を受給してる奴や、
天下りして楽に金儲けをしてる奴。
そんな奴らがのうのうと生きてると思うと悔しくて仕方ない。
格差社会というのは仕方ないが、本当に困ってる人間が切捨てられてる
ような気がしてならないのだ。

前安部総理が言っていた『美しい国、日本』には程遠いよ。


と、ぼやき炸裂ですが、↓これで癒されてます。
071020_1305~0002.jpg


変なかっこで寝てるし(笑)
071024_0055~0002.jpg


----------------------------------------------------------------
アル福家は平和そのものであります。


 ←介護保険制度に矛盾を感じた方はポチっとな♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/488-a8eed880
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。