上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.01 嬉しすぎる
今日、久しぶりに実家へ電話した。週末、だんなと2ワン皆で帰省するのを
伝えるために。それを伝えると親父はたいそう喜んでくれ、母親と共に
楽しみにしていると言ってくれた。

父が脳梗塞で倒れて、早1年半、今でも親父の右脳細胞は壊死したまま、
一時は自暴自棄になり自殺さえ望み、生きる希望を全く無くして
しまった父だけど、家族の懸命な説得や親戚の方々、多くの友人に
励まされて、ここまで頑張ってこれたんだ。

動かぬ左半身だったけれど、最近では少しの距離なら杖無しでも
歩けるようになったんだと、今日教えてくれた。

凄いよ!凄い!!

ここまで機能が回復するなんて、私も想像していなかった。
もともと体を動かすのが好きだった父だから一生懸命リハビリを
続けていたんだね。それは、寝たきりの母を介護したいという
気持ちがあるからなのかな。。。。

8月以降、兄が一年半の介護生活に見切りをつけて
自分の家に帰ってから、実家には両親2人。共に要介護を必要としているので
心配だったのだが、訪問ヘルパーさんのお陰でなんとか生活をが
出来ている。介護保険の枠内であれこれと工夫をしていただき、
両親共、週2回のデイサービスへ行っているのだが、その効果は
大変大きかったようである。人と話しをする機会が増えると
頭もしっかりしてきたようで、「??????」な言動が多々あった
以前とは大違い、ちゃんと人の話しを聞いて、会話のチャッチボールが
出来るようになった。何を聞いても「よう解らん」と答えていた
母も自分から今日は何をしたとか話してくれるようになった。

機能していない右脳を左脳がおぎない、脳はしっかり機能しているんだ。


よかった。ほんとに良かった。
昔の両親に戻ったみたいだ。
嬉しくて、泣きそうだよ。

そして、嬉しい知らせがまた一つ。
父が倒れてからすぐに職を失ってしまった兄貴に仕事が決まった。
今はバイトだけど、明日から晴れて仕事が出来る身分になったんだ!!
兄も両親の介護問題と離職というダブルパンチで、この1年半相当な
ストレスだったろうと思う。職を探そうにも両親の状態を見ると
とても両立できる感じじゃなかったし・・・・
常に監視していなきゃいけない父親を置いて仕事に出れるような
環境じゃなかったものね。そんな両親の生活を考えてあらゆる
社会保障の支援を受ける手続きを行い、荒ぶる親父のストレスを
受け止めなければいけなかった一年半。いや、母親が倒れた時期を
含めて二年間、相当疲れたに違いない。

夏以降、両親の生活の目処が立ってから
広島へ帰ってからも暫くはブラブラして、、、、
このまま社会復帰できるのかと心配していたんだが
それも私の杞憂だったんだな。

ちゃんとした兄貴はやっぱりちゃんとしてた。

いつまでたっても強い父、強い兄貴、そして優しい母親である事に
変わりはなかったんだ。

紆余曲折はあったけれど、やっと、ほんとに
やっと大きな山を超えれたような気がする。


とっても幸せな気分です。震えるほど。

暖かい、風が吹き出したね。


-----------------------------------------------
今日の幸せに感謝。明日も両親が穏やかでありますように・・・

 ←一応参加してます。


夥しい数の犬がアークエンジェルさんにより
緊急レスキューされています。現在支援物資の援助は募集されて
いませんが、募金は引き続きされておりますので、ご協力のほど
ヨロシクお願いいたします。m(__)m

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/297-bc9dfa18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。