上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.15 映画評論


ゴル飼いの間で話題になってる映画「トゥルーへの手紙」
を見てきた。ブルース・ウェバーの世界。

やー、めっちゃ可愛かった!ゴル飼いにはたまらん映画ですわ。
動く写真集て感じで、ブルースさんの個人的アルバム&
親しい方々へのメッセージ映画やったというのが正直な感想ですな。
ま、ブルースさん的には【LOVE & PEACE】【反戦】ちゅう
テーマを掲げていたようですが・・・・平和ボケしてる日本、いや、
私の頭にはピンとけーへんのやね、これが。

内容はドキュメンタリー映画で、ところどころ戦争シーンが
ちりばめられてたりなんかしてさ、コラージュ写真みたいやねん。
ストーリー的なんは全く無し。映画に出てきた自由奔放の太った
動物好きのおばさん(あんたが一番犬的だよ)
が出てきたりして「あの人誰やねん?!」て感じやった。
・・・・・・・・・・・・・。

これって、犬との感動ストーリーやと思ってた人には??やろなぁ。
あと、ゴル飼ってへん人は「なんなん?」て思うやろ。
実際、上映終わった後の劇場内は「・・・・・・・・。」て
雰囲気がじんわり漂ってたし、おさるさんの隣のおばちゃんは
映画開始10分後には寝てたらしい。
アカン、完全に90%は?やったはずや。

しかし、ゴル飼いの私は大満足!
映像の綺麗さや、ゴルゴルの映像にめちゃ感激
したわけで・・・・。これ見たら久美浜で撮影会したくなっちゃったよ。
(水中カメラほしい!!!)お土産のポストカードにも大満足!!
でニヤニヤがとまりません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/115-2aa3d381
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。