上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.06 甘酒の思い出
あまりにも寒いので甘酒を作りました。

甘酒と言えば思い出すのが実家のお正月風景。

鮮魚店を営んでいた実家では、年末年始は年に一度のかきいれ時、
私は物心ついた時から商売のお手伝いをしていました。
年末は28日頃より朝4時起床で、お魚を量って値段を付けたり、大きなブリをさばく親父の
サポート、注文品の魚を各家庭ごとに準備と、時折かじかんだ手を焚火で温めながら
バタバタと忙しい仕事を、家族とアルバイト総出で行います。

夜が明けると、軽トラに沢山のお魚を積み込んで行商の同行と計算係り。
私の里は田舎なので、里帰りする子や孫たちの為、瀬戸内海の美味しい魚でもてなしする
お宅が多かったのでしょう、5,6万お買い上げするお宅がゴロゴロありました。
次々とやってくるお客さん達の清算をこなし、あっと言う間にお昼。

そんな合間を見て自宅に戻ると、母親がいつも温かい甘酒を用意してくれてたのですよ。

甘くて、体の芯からあったまる甘酒、おいしかったなぁ。

そんな事を思い出しながら、ココロもほっこり。

IMG_2509.jpg

こーいう家庭環境だったので、私は結婚するまでおせちを食べた事無かったです。

お正月は各家庭ごとに違いますが、みなさんはどんな思い出があるのかなー
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/1030-fc5ae6bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。