上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちは。
アイホンデビューしてから、すっかりこちらが放置されてますが・・・・
instagramやtwitterでは日常的に出没しとります。

まぁそれはええのですが、12月9日、実家は大変な事になっとりましたの。
えぇ、いつもの実親の事ですがね。

9日、朝散歩してたら、母親が肺炎を起こして他の病院に救急搬送されたと兄ちゃんから電話がありました。
それから仕事の引継ぎやなんやらを慌てて済ませ、旦那と一緒に広島まで駆けつけると
母は口から鼻からチューブを入れられベットでしんどそうに寝てました。
鼻から胃に繋がるチューブからはどす黒い血の固まりが出ていて
口には気道確保の為チューブ送管、両手はチューブをはずせないようにベットに拘束と
なんとも可哀相な姿(泣)見ていてとても辛かった。

なんでも、認知症で精神科に入院していた母は、病院で吐血し、その病院では処置できないので
急遽総合病院に搬送されたようです。

先生からは生命維持の危険が極めて高いと言われ・・・・・心は号泣。
しんどそうに呼吸しながらずっと寝ている母。
頑張れ頑張れと励ますも、ここまで頑張らせていいのかとも。
寝たきり状態で8年、もうこれまで目一杯頑張ってるんだもの。。。
「頑張れ」という言葉は私が別れたくないから出る言葉なのかもしれないな、なんて思った。

と、そんな悲しい状態を理解してるのかどうか?
認知症の親父は見舞いに来てても落ち着かず、すぐに帰ると言う。
あげく、精神科で入院していた病院の悪口を大きな声で喋り、迷惑はなはだしいったら!
お世話をしている看護婦さん達も困り果てているし、あたしゃー娘として恥ずかしいわ!
まったく何でも人のせいにする性格つーのは死ぬまで治らんのかね(怒)

そんな恥ずかしいくそじじいにはさっさと帰ってもらいましょう。そうしましょう。

で、日中、少し状態が落ち着いてきたようなので、夕方、旦那には一旦帰ってもらい福を託す。

夜は兄貴が付き添ってくれるので私も実家に帰り、不安な夜を過ごしたのだ。

翌日、10日土曜日、相変わらず汚い親父の部屋と、2階を鬼掃除して病院へ。
兄貴も疲れている。夜、少し母親が取り乱して、なだめるのに大変だったそうだ。
現状理解できてない母親は両手の拘束がストレスになり、さらに認知症状が加速してるようで
時々暴れる。必死で両手の紐をはずそうとしているのだ。
その度、状況説明するのだが、覚えているのはほんのひと時・・・

夕方、一旦休憩しに帰る兄貴を駐車場まで送りに行ってる間に
母は口からのチューブを自力で抜きよりました(汗)Oh my god!!!
酸素送ってたのにーっ!頭を激しく揺さぶり抜いたようですわ。
しかし、呼吸は安定してるので酸素マスクでなんとかなりそうです。良かった。
そんな感じで土曜日の夜は私が付き添い。
母親が目覚める度に気になって、ほとんど寝れず。幻覚見たりするもんで、
なだめたり励ましたりするのが大変でした。けど、それだけ暴れられるのは元気になった証拠。
とりあえず、危険な状態からは脱却したようです♪

私達の為に頑張ってくれてありがとう。(きっとそうだね)

日曜日には状態もだいぶ良くなり一安心~~~。
月曜から仕事がある兄貴は後ろ髪ひかれながら市内の自宅へ戻り、
私も月曜日の昼には自宅へ戻りました。

ふぅ~~~やれやれ。

けれど、そう安心しても居られません。検査の結果わかった事ですが
肺炎の原因は誤嚥性、少しずつ肺炎が悪化し、敗血症をも起こしていたと後で知りました。
それで腸管から出血し吐血したのでは?という事です。
誤嚥が発端なら、食事再開になるとかなり気をつけなければなりませんし
リハビリも必要になります。今現在、食事を受け付けないようなので
栄養は点滴のみ。このまま口から栄養を取れないと点滴だけでは・・・
あまり長くないかと思います。そして、認知症もありますし、十分な医療体制が維持できない
可能性だってあります。

けれど、母はそれでいいのだと、なぜだかそう思えるの。
両手を拘束されて、ベッドに繋がれた毎日、私自身の身に置き換えてみれば
「もういいの!」「もう楽にさせて!」と思うに違いないからです。
訳のわからない事ばかり口走っている母ですが、本当の母は、きっと、
私達家族にありがとうと言いたい、ただそれだけなのです。

どうか、どうか、苦労続きだった母が穏やかな心で過ごせますように祈ります。

神様。お願い。

重い内容、最後まで読んでくれてありがとうございます。
何かと気がかりな毎日ですけど、あまり深く考えないように、私自身明るくいようと思います!

では、勇気をくれるこんな動画を!
吉井さんvs



positive Thinking!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/1027-76b2b10c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。