上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.25 暴れる親父
先週は怒涛の日々でした。水木と帰省してきましたが~
とっても疲れる内容です。長くてすまんね。


問題になっている両親の介護状況、
まぁ、ほんまに疲れた。そしてショッキングでしたのだ。

当初入院していた母親は、暴れるから退院を迫られてましたが
無事別の精神病院への転院が決まり、とりあえず安心。
新しい病院は認知症病棟があるので、今のところ落ち着いてくれてるようです。

19日水曜日昼、地元に到着し、レンタカー借りてまずは市役所へ。
父親の精神科受診の為診察券を受け取りに(親世帯は生保世帯なのでいちいち診察券を
市役所から発行してもらわねばならんのです)
その後、お世話になってる介護事業所に特養申込みに必要な書類を持って行き
色々とこれまでの経過報告をしてもらいましたが、どれもこれも情けなく
悲しくなる内容ばかりです。(楽しい話しは一つもない)
それから最初に母親が入院していたN病院へ洗濯代を支払いに行き、
父親受診の為の紹介状を受け取りにかかりつけのK病院へ。

あちこち走り回って激疲れですが・・・・

最後に母親が入院しているM病院へ行き、お見舞いをしてきました。
広いホールに入院患者が集まっていて、みんなボ~っとしています。
その中に車いすに乗った母親が。最初私の事が分からなかったようですが
「娘だよ!」と声掛けするとようやく気が付いてくれました。
個室に移動して話しをしたのですが、母親はどうも妄想の世界に生きてるようで
「成田に家があるけぇそこへ旦那と犬と一緒に済んだらえぇ」とか
「あたしは歩けるんじゃけ」とか
「介護施設に3万寄付したのにお礼も無い」とか言って勝手に怒りだしたり・・・
訳わからん。それでも手や足をマッサージしてあげると「気持ちえぇ」と
喜んだりしてました。大声出して暴言吐いたりはしてなかったのでヨシとします。

とようやく実家に戻り、父親の夕飯を用意。
掃除洗濯をさっさと済ませ、夜ご飯を食べながら施設入所を勧めたんですが
頑固親父は断固拒否。母親が入院しなければいけない事情を話しても
とにかく納得できんようで、しまいには兄貴の人生をなじったり
ヘルパーさんの悪口を言ったりと文句ばっかり。自分の暴言や暴力は棚に上げ
不満たらたらです。そんな感じで結局最後は親子喧嘩で終わる。


20日木曜日は朝から親父の精神科受診。(母親と同じ病院です)
問診、認知症を判断するテスト、MRI撮影を行い、結果は立派な認知症。
先生は問診からして認知症間違い無しと判断していたようだ。
記憶力は軽~中レベル。
脱抑制症状から暴言や暴力、セクハラ行為が自分でコントロールできないのだと。
本人はやってはいけない事だとわかるものの、それを押さえる事が出来ないそうだ。
MRI画像診断では
右脳がほとんど死んでる。これは脳梗塞で倒れた時からのもの。
そして、脳全体の血流が悪く、海馬に萎縮が見られるとの結果。

そこで記憶力を保つ働きのあるアリセプトと
イライラを抑える抑肝散を処方してもらいました。

診察が終わり、親父は母親のお見舞いに、私は母親の入院に必要な手続きなどを
それぞれ個室で行っていたんですが・・・・・・
そこで事件発生。
診察や手続きで時間がかかったのが気に入らない親父は
母親の病棟で杖を振り回し、入院患者に暴言吐きまくって暴れる暴れる!
「わしはこんなき○がいの居るとこには二度と来んぞ!」って・・・・
(いや、あんたも入院せなアカン位のレベルですがな)
と大騒ぎしてる親父を捕獲し、怒りまくる私←疲れMAX
その後必要書類を取りに市役所まで行かなきゃならんのにもう無理。
とりあえず急いで薬をもらい、清算を済ませて親父を連れて帰る。

その後、市役所へ必要書類を発行してもらうべく市内へ。
4時から親父を交えての支援会議が実家であるので急がねばならん。
途中で立ち寄ったレストランでは食欲も湧かずだったが、何でもいいから腹にかきこむ。

実家に戻り、必要書類の整理をしていると
ケアマネ2人、ヘルパーさん2人、包括支援センターの担当者1人がやってきた。
親父に施設入所を勧めていたが、午前中のイライラが収まってない親父は
誰のいう事も聞かず、自分の暴挙を反省もせず、あげく
「施設に入るくらいなら自殺する!」と騒ぎナイフを振り回し出した。
「ナイフを放しな!」と取り上げようとしたら
振りまわすもんで近づくのもままならん。威嚇だとは分かっているが
実際に目の当りにすると怖かった。自分の親と言えども。

この出来事はかなりショックだった。イライラが原因で抑制が効かないとなると
母親が自宅に戻るのは危険だ。

脱抑制症状を実際に体験してみると周りはそりゃー大変。
自分でコントロール出来ないんだもんね。病気が原因だけども
親父は危険人物取扱い注意にまで  落ちた。
こんな親父になっては人が寄って来ないのも当然だよな。

かまって欲しくてセクハラする→注意される→面白くない→暴言が出る
→誰も寄って来ない

この負のスパイラル。

元々人と接するのが好きな親父なので、施設に入って友達が出来れば
楽しい老後を送れるんじゃないかと思うんだが、当の本人は頑なに入所拒否。
地元に愛着があると言うが、訪ねて来る人はもう誰も居ないのよ。
そこんとこわからんかなー。

けど、なんぼ言うても分からんのなら仕方ない。
当面、1日1回ヘルパー援助、週2回のデイサービスで生活するしかないだろ。

精神科のお薬がうまく効いて穏やかになってくれるといいな。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alhouse.blog3.fc2.com/tb.php/1011-bf6a7d50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。