上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.28 秋季リーグ戦
日曜日はね、卓球の試合だったのよ。
女子3人団体シングルス戦、5試合のうち3つ取れば勝ち。

午前中は3チームのリーグ戦で、1勝1敗の2位。
チームとしては1勝出来たんだけど、あたしの個人的な勝ちはナッシング~~
またもや苦手な表ラバーが攻略できず、自滅した。
卓球のラバーには色々種類があって、それにより戻ってくるボールの球質がまるで違う。
よくある裏ラバー(表がつるつるしたラバーね)は慣れているんんだけど
表ラバーはおおむねナックル系で、たまに揺れたりしてとっても打ちにくい!!
フォア面に裏ラバー、バック面に表ラバーなんぞを張ってる相手と試合すると
一球一球違う球質の球が返ってきて、それに瞬時に対応しながら打ち分けしないと
いけないんだが、これが難しくって!!!
いつも試合に出るとこのパターンで負けるんだよね。

先輩達は上手に打ち分け出来るのに・・・・
あぁ!!あたしのバカ!!!

そして、午後からの2位トーナメント戦ではあたしも考えた。
1回戦、トーナメントなので負けたら終わりだ。
1試合目の先輩が負け、2試合目のあたしの相手は裏ラバーのみのカットマン。
リーグ戦でやったような表ラバーでなかったのでちょっと安心。

カットマンはほとんど攻撃せず、ひたすら辛抱強くバック回転のつっつきラリーが続いた。
途中スマッシュするも何度か失敗したので、あたしも辛抱してラリーで応戦だ。
ポイントを取ったり取られたり、五分五分でフルセットに持ち込んだんだけど・・・・
最終セット、勝利へのプレッシャーからめっちゃくちゃ緊張してしもて  負けたがな。
先輩、ごめんちゃい。


オイーーーーッ!!このメンタルの弱さ、えぇ加減どうにかならんか。


で、1、2試合を落とした我がチーム。次負けたら終わりや。
けど、3試合目に出場した先輩はややこしい表ラバーの対戦相手に頑張った。
途中、何度も弱気になりそうな時もあったけど、かなりの集中力を発揮してくれて見事勝利~~♪
えぇ試合を見せてもらった。やっぱ、試合に勝つのはガッツと根性だわ。
4試合目も先輩がなんなく3-0でストレート勝ちを決めてくれて
さぁ、残るは最終試合。全てはあたしの試合にかかってくる~~~

相手はバック面に苦手なつぶ高ラバーを張ってる。
つぶ高ラバーは表ラバーと似てナックル系のボールが返ってくるが、こちらが送った回転の
逆回転になって返ってくる、これまたややこしいラバーだ。
そこで、あたしはフォア側にだけレシーブを返し、「つぶ高ラバー使わせない作戦」を決行。
ひたすらフォア側だけにボールを送る事にした。しかし、相手も武器であるつぶ高ラバーを
使いたくて仕方ないものだから、ミドルに送った球を無理無理バックの表ラバーで返してくるんだよ!

で、もつれにもつれ試合は最終セットにもつれ込み・・・・
見事勝利~~~~!!!


と、言いたかったけどね、言いたかったんだけどね・・・・・
負けたのよ~~~~~
そう、ここでも勝利のプレッシャーに負けて、負けちまったのさ!

あぁもう・・・・なんでこんなに緊張するかね。ちゅうか集中が欠けるか~。
途中で思い切ってスマッシュせんかったら良かった。
辛抱してラリー続けてたら相手がミスしたかもしれんのに。

けど、負けたのに、何故か先輩からは「えぇ試合やった!頑張ったね!」と褒められる。
「つぶ高ラバー使わせない作戦」をめちゃめちゃ評価してもらえたんだわ。

え??なんで??
表ラバーを攻略した方がえぇんちゃうかと、あたし的には思うわけですが。
どうなんでしょう。

けど、うちのチームメイトには表ラバー使ってる人が居ないんだよね~。
誰か表ラバーかつぶ高に変えて練習させてもらえんかな~。(あたしが変えるのはイヤよ)

次の試合は10月9日。
集中力アップとメンタル面の強化が目標っす。あ、表ラバー攻略もね。
スポンサーサイト
今朝は涼しくて気持ちのよい天気やったんで、ベジ君を誘って芦屋浜へお散歩へ

若さ溢れる男子2匹を車に乗せると、車の中でプロレスが始まるであろうと予測して
ベジ君用にソフトケージ、福用にプラケージとケージ2個を車に積んでベジ君家へお迎えに行く。

慣れない福用のソフトケージ、ベジ君は乗ってくれるだろうかと心配してたんだけど
オヤツで誘うとすんなり乗車してくれた。

道中、時々福のギャンギャン吠える声や、べジのピーピーという鳥さんみたいな鳴き声が
聞こえたけど、前の軽自動車に乗ってた頃に比べると、福の吠え癖はだいぶマシになった感じだ。
相変わらず到着した時と、バックする時はめちゃんこ吠えてるけどね
運転中に騒がれるよりずっとマシだわ。

そんな盛り上がる2匹と無事芦屋浜に到着~~
公園はさほど人も多くなくて、の~んびり散歩できたよ。
しかし・・・朝は肌寒いくらいだったのに昼間は暑かった!!
CA3A0227_512.jpg
広い砂浜で走るお二人さんだけど、暑さから早々にバテていたようで
ボール遊びもほどほどなところで終わる。

ちょっと遊ばせた後はベンチで買って行ったパンを食べながらのんびり。
CA3A0225_512.jpg
ベジ福もおやつをもらってご機嫌さ。

お昼を食べて公園内をぐるりと散策。ギャロップする2匹を見てるとそりゃ~嬉しそうで
笑顔が輝いている。やっぱりたまにお出かけすると楽しいんだよね~~。
かーさん、犬のそういう笑顔が大好き!!全身で喜びを表現する姿が可愛くていとおしいな。
しかも、大好きなベジ兄と一緒だし、福は相当嬉しかったようだわ。

CA3A0233_512.jpg
ありゃりゃ~~、暑すぎて自ら入水しちゃったよ。

CA3A0236_512.jpg
クールダウンしながらベジ兄の遊んでる様子を見学する福。

今日は良かったね!楽しかったね♪
これからお出かけしやすいお天気になるし、また行こうな♪

う~~~ん、かーさんも嬉しそうな2匹を見てたら癒されたぞ。
昨日の雷雨から一転、一気に季節が前進した?
今日は肌寒いくらいで、慌てて長袖の羽織もの着ちゃったよ。
そんな涼しい気温なもんで、福ちゃんは元気、元気!!走りたくて仕方ないよう。
けど、先週からまたもや右前足の爪が深爪になっちまったので、運動はほどほどに・・・
悲しき1軍落ちになっている。
RIMG1987_512.jpg
こんな感じで完全燃焼するには、もう少し運動セーブしてからだね。

まま、完全燃焼するほどではないけれど、今日は武庫川までてくてく歩いてお散歩。
いつもの場所にはジェイクとエルも来てて男子3人でボール遊びをちょこっと楽しんだ。

その帰り道、ヨーキーを連れた見知らぬ女性に
「前にゴールデン飼ってはりましたよね?」と声をかけられた。
隠れアルちゃんファン?かと思い話しを聞くと、アルが子犬の時時々散歩で会っていた
ユウタ君もママだったのだ!。この頃アルの姿を見ないので気になっていたんだと。

アルは去年、亡くなったのだと伝えると、とても残念そうにしてはった。
で、気になる同級生、ユウタ君の事をお聞きすると、彼は短命で6歳の時ペットホテルに預けた間に
急死したんだと教えてくれた。心臓麻痺だったらしい。
その後、迎えたヨーキーさんは今6歳だ。
とっても可愛がっていたユウタ君を預けたホテルで亡くしたので、その心の傷はなかなか癒えず
今でもヨーキーさんをどこかに預けるのは無理だとおっしゃっていた。
そりゃそうだよね・・・・・、突然の別れというのは尾を引くもの。。。。

そして、現在ユウタママさん自身は甲状腺ガンになって、近々放射線治療が始まるらしい。
子供も居るし、ヨーキーさんも居るユウタ家・・・・。
なんとかがんばって元気に復活して欲しい!「ガンバッテ!!この子達が居るんだし頑張れる!」
「きっと大丈夫だよ!」と肩を叩いて励ますとユウタママはちょびっと涙ぐんで「うんうん、ありがとう」
ってつぶやいた。

もう何年も会っていなかった、あの明るい家族にはたくさんの辛い事があったんだね。
みんなガンバッテ生きてるんだ。それぞれに辛い事や苦しい事を乗り越えながらガンバッテんだな。
そう思うと、あたしももっとがんばらな!って思えたよ。

そして、あたしの大好きなかわい子ちゃんも頑張ってる。
先の見えない病気の進行。飼い主はどれほど不安で心細いだろう。。。。
けどなぁ、それでもかわい子ちゃんは笑ってるんだよ。今が楽しかったらそれでOK!ってね。
人間だってそう思えたら人生もっともっと楽しくなるはず。一日一日をもっと大切に生きれるはず
なんやけど。あたしは先の事ばっか心配しちゃあくよくよしてばっかりおるなー(反省)

ユウタママさん含め、頑張ってるあたしのかわい子ちゃん、いや全ての頑張ってる人には
頑張ったなりの幸せな時間が訪れますように、心から神様にお祈りしたい。
その代わり、悪い事した奴らにそれ相当の苦しみが行けばいいんだよ。
2010.09.15 リンちゃん
最近、福は柴犬のリンちゃんをなぜかいじめる。
先日、宝塚のドッグランで偶然会った子だ。
彼女はとっても友好的な柴の女の子で、他のわんことも上手に遊べるおりこうさん。

なのに福ときたら
リンちゃんに福の水筒の水をあげただけで、ぎゃんぎゃん怒って追いかけ回す。
そしてリンちゃんが仲良しの柴犬ももちゃんとじゃれて遊んでいると
間に入って「喧嘩やめれ!」と一喝。本犬は仲裁しているつもりだろうが
これは完全な遊びで、まったくの勘違い行動だ。
リンちゃん、ももちゃんも折角楽しく遊んでいたのに迷惑極まりない。

そしていじられキャラのリンちゃんには、大人しい性格だから言いたい放題!
福からわけも無く怒られたりする時もある。

この理由無きいじめともとれる行動は、思い起こせばドッグランで偶然会った後から始まった。

かーちゃんはあの時おりこうさんでレストランのイスに座ってるリンちゃんを
絶賛して褒めたたえた。

もしかして・・・・・
福はあの時のことを覚えててリンちゃんに嫉妬しているのかもしれん。

RIMG1958_512.jpg
男の嫉妬は、思いのほか しつこい。(画像は日記とはなんら関係ありませんけど)

そしてもう一つ

武庫川で会う3歳のシェパードのリンちゃんとは、
リンちゃんママのおやつをめぐって小競り合い。

先日いっぱいおじゃこを貰った福ちんは、リンちゃんママめがけてまっしぐら
「おばちゃーーん!おじゃこちょーだーーーい!」と飛びついたら
リンちゃんに「あたしのママよ!」と怒られ、福ちん逆ギレ。
大きいワンコにもまったくひるまない福なので、ちょっとした取っ組み合いになり
福がキャイ~~~ンと言わされて終了。喧嘩両成敗となった。

大リンちゃんに怒られて、少しは柴リンちゃんの気持ちが分ればいいんだけどね。

最近、大人になって自信が付いたのか?
少しでも年下のワンコにはことさら偉そうな福やん。

けどね、男はもっと広い心で見守っている方がかっこえぇと思う。
アル姐はヤンキーやったけど、ちゃんと挨拶する子には何も言わんかったで。
弱いものいじめなんてもっての他やーー!

引き締め役のアル姐が居なくなって、福はちょっと偉そうになってきてるような感がある。

かーちゃんがビシッっと締め直さななっ!


今日はアルの命日。去年の悲しい別れを思い出すとまた泣けてくるので今日は
なるべく思い出さないようにした。昨夜、アルが息を引き取ったその時間も
お笑い番組を見て、普通に過ごす。

当のアルは、節目のこの日を心待ちにしていたのか
あちこちに飛んで行き「もうすぐですよ~~♪」「待ってますよ~♪」とかなんとか
言って、やんわり喝上げ回りしてたようである。

その甲斐あって、ここ数日はお友達からお供え物が沢山届き
RIMG1966_512.jpg
アルの祭壇は花盛り&オヤツてんこ盛りだよ!

あぁ~~~ビックリした。
ほんでもかーちゃんは嬉しくて、ありがたくて。その心遣いに涙がちょちょぎれる想いだ。

ほんま、天使になってもちっとも変わってないアル。
生前から喝上げは得意やったもんな~~、「あれちょうだい、これもちょうだい」って
おねだりが上手やったし、あの世へ行ってもまだやっとるんやね。
もー、なんちゅうか・・・・そのイヤシぶりに、かーちゃんは呆れるやら笑えるやら。
今回も、みんなまんまとアルの喝上げにはまってしまったやないか。
(喝上げされたお友達、すんません~~~)

けどね、アルはそういう子やった。
天使になっても、全然変わってないのが嬉しくて、かーさんは安心したよ。
あの世で以前と変わらぬ生き方で生きてるんやと思えて、それが凄く嬉しかった。
いつまでも変わらぬ姿で、みんなの心の中に生きてるんだな。

良かったねぇ、アル。
うまうまと綺麗なお花に囲まれて満足そうなお前の顔が見えるようだよ。
これからもず~~っと一緒にね!

みんな、アルの命日を覚えててくれてありがとう。
こんなに想ってもらえて、アルや私達家族はとっても幸せ者です♪

RIMG1965_512.jpg
↑てんこ盛りのお供えに盛り上がる福ちん。なにげにめっちゃ嬉しそうです。

うんうん、そーだよな。分ってるよ。
お下がりは福が代わりに食べるんだもんね♪
福は福なりに頑張ってるんやし、またちょっとずつお下がり頂こうね。


2010.09.05 1周忌法要
この週末はアルを偲ぶデー。もうすぐ1周忌を迎えるにあたり、とーちゃんとかーちゃんは
一歩を踏み出すべく動き出した。

土曜日は、アルの写真を飾る素敵フォトフレームを買いにIKEAまで行ってきた。
午前中、さくっと要る物だけを調達して、昼過ぎには自宅へ帰る。
ついでに大きな観葉植物さんも我が家に仲間入り!
100904_1303~0002 100904_1303~0001
しっかりした木製フレームがIKEAだとわずか990円とは、やはり安い。

この素敵フレームにアルの写真を入れて飾るのに1年かかったとは。
まずは写真を選ぶのに半年。フレームを用意するのにまた半年もの月日が必要だったんだよね~~。
なんせ、写真見る度に泣いてしもてなかなか選べなかったんだよ。
って!どんだけ時間かかってんねん!@あたし。

でもこれを機に一歩前進できた。
これからは素敵な写真が我が家を美しく演出してくれるだろう♪なんたってモデルが良いからね。

で、日曜の今日は、家族揃って宝塚動物霊園に一周忌法要へ。
受付を済ませて3時過ぎからお寺でお経をあげてもらった。
去年の今頃、お花やおやつに囲まれたアルを荼毘に伏した、あの時の感情が込み上げて
時折意識が遠い世界へ飛びそうになったけど、顔を上げると黄金に輝くお釈迦様の前で
アルがのんびり寝てるイメージが伝わってきて、
「あぁ、アルは本当にあの世へ行ったんだ」と現実として受け止める余裕が、今年は出来た。
そして、その世界は決して暗い世界ではなく、明るく穏やかな場所なんだと
お経を聞いているとなぜかそう思えたんだ。

そこで、今もアルは笑っていた。

お墓参りは残された家族に穏やかな気持ちをもたらすんだろうか、
法要を無事終えると、このところ沈んでいた気持ちが晴れ、気持ちはすっきり!
よく晴れ渡った空に、遠くまで見渡せる眼下の景色を見て、アルは自由な羽であっちこっち
飛び回っているんだろうと感じる。きっとそうだよね。
100905_1607~0001 100905_1608~0001
共同墓地には沢山のお供えのオヤツがあったんで、アルには他所の子の分まで
脅して横取りしないようにと釘をさしておいた。
最後に食べられなくなったバナナとチーズ、たんまり差し入れしたから思う存分お食べ。

そして、帰りには、法要の間がんばっておりこうさんにしていた福にご褒美として
宝塚ガーデンフィールズのドッグランで暴走させてあげた。

福は初めての利用。入場する前から興奮してヨダレだらだらやった。

まだ4時半だったので暑いかな~と思ったんだけど、ラン内は木陰もたくさんあったので
思ったほど暑くない。受付をしているとご近所の柴、リンちゃんに偶然会った。
彼女はちょいちょい利用しているとの事。やはり有料ではあっても犬専用の施設だし
遠慮することが無いので飼い主も気兼ねせずに遊べるのが良かった。
100905_1659~0002 100905_1701~0001
福はオモチャで遊んでもらえるし、ず~っとご機嫌。飼い主に飽きたらあっちこっちの飼い主さんに
ディスクやボールを持って行っては「投げてくだしゃい!」とアピールし
嬉しそうにみんなで遊ぼう作戦を展開していたわ。

暑くなったらラン内のプール(水深10cm)でクールダウン、そしてまた暴走とまったくバテ知らず。

100905_1703~0001 100905_1726~0001

ラン内で遊んでるワンズはみな楽しそうで、その姿を見てるこちらも自然と笑顔&爆笑になります。
特に、↑のジャックラッセルさん。この大きなたまごちゃんが相当お気に入りのようで
玉乗りしそうな勢いでした(爆)犬同士で遊ぶのは興味無い福だけど、今日は他のワンちゃんと
一緒に駆けっこしてたし~、めっちゃ楽しそうでしたわ。
会員登録もしたし、これを機にちょくちょく利用しようかなと思います♪

福を走らせた後は隣接するモビーディック+ワンで夕飯を食べて帰りました。
100905_1816~0001 100905_1823~0002
とーちゃんはハンバーグ、私はイタリアン御前、どちらも美味しかったっす!

ご近所リンちゃんも同じレストランで食事をしていたんですが
彼女は立派なレディーぶりを披露してくれていました。イスにきちんとお座りをして
(このレストラン、イスの上に敷物を引いたら犬は座ってもいいんですって!)
テーブル上に自分のご飯がお皿に乗っているにもかかわらず、おすましして座っている。
えぇえぇ、そりゃあどこぞの令嬢かと思うほどです。
うちのアル福だったら考えられなーーーい!!
思うに、秒食いで、後は床に何か落ちとりゃせんかとクンクンしまくりに違いない。

ほんとに・・・・衝撃でした。(注:リンちゃんは福よりも年下です)
リンちゃん凄~~~~い!マナー教室の講師になれるんじゃないかと思います~。

(アル姐は、挨拶にはうるさかったけどテーブルマナーは悪かったもんな~)

今日は楽しい1日を過ごせてよかった♪
こんな時間をセッティングしてくれたアル姐に感謝です♪
しんみりしとらんと、また家族でお出かけして笑って楽しく過ごさないとね。
それこそがアルの願いだもの。

アルありがとね。姿は見えなくてもいつも支えてくれてるんだよね。応援してくれてるんだよね。
その想いに応えれるよう少しづつ、前に進むんだ。





2010.09.01 アルの遺言状
最愛のアルが逝ってもうすぐ1年。あっと言う間に時だけが過ぎ去ったが
わたしの心情はあの時のまま、悲しさだけは置き去りである。

子供同然のアルを亡くした傷は、私にとって想像以上に大きい。
まぁ、しょっちゅう泣き暮らしている訳でもないが、なんとなく過去ばかり追っているような気がする。

アルの思い出話しは、あたしにとっては極上の時間で
そんな話しの一部分、聞いてくれる?

いかにもアルらしい、最後の遺言。

9月6日、最後の段上公園での散歩の時


ふらふらのアルは、この世に心配事を置いたまま逝くわけにいかないと思っていたのかは謎だけど

RIMG0054_512.jpg

9月8日午前0時、まさに最後の時を迎えようとしていたその時
アルの魂は時空を超えて近所のベジ君の家に行っていたらしいのだ。

いつもなら自分のベッドで寝ているベジ君は、その時
敬礼するかのように綺麗なお座りをしていて、ママが声をかけても振り向きもせず
ある一定方向をじっと見据えていたそうだ。

その数分後、アルの訃報がベジママの携帯メールに届いた。

アルが行ったのは、たぶん目の光が消えて、心臓が止まるまでの間の時間だ。

福を大事にしていたアルは「あたしの弟、福の事 頼んだで!」と最後にベジ君へ託したのだ。
一番福と仲良しのベジ君へ。

RIMG0029_512.jpg

それからというもの、ベジ君はやたら福をかまってくれるようになった。
公園で会えば嬉しそうに駆け寄る2匹は兄弟さながら。福はいつもベジ君の真似ばかりしている。

真面目なベジ君は今でもアルの遺言をきちんと守ってくれていて
RIMG1191_512.jpg

なかなか弟気質が抜けない福のよき兄貴的存在を勤めてくれているのだ。
RIMG1196_512.jpg

ベジ君、いつもありがとね。


まさしく姐御肌だったアルらしい話し です。
ちょっとヤンキーだった、そんなアルがあたしは大好きです。いつかまた会える日まで
かーちゃんずっと待ってる。

今度の日曜日は宝塚動物霊園へ家族揃って1周忌のお参りに行くからね。
元気な姿を空から見ててな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。